公式ラインで飼育の悩み相談 質問する

リチャードソンジリスの寿命はどれくらい?少しでも長く一緒にいるための方法を紹介!

こんにちは!ててです!

自分の大好きなペットと一緒に暮らすのは本当に幸せですよね!

しかしそれがもいつかは終わりが迎える。

人間の方が寿命が長いので相当なことがない限りは、小動物の最後を見届けることになります。

少しでも長い間、リチャードソンジリスと一緒にいるために気をつけるポイントをまとめます!

リチャードソンジリス の飼い方を紹介している記事があります!ぜひみてください!

目次

リチャードソンジリスの寿命は?

リチャードソンジリス の寿命は、

飼育下で均5〜7年

野生下のリチャードソンジリスの平均寿命は、オスは1年程度、メスは3年程度とされています。

しかし、飼育下では5年~7年程度です!長生きですね!

なぜ野生と飼育下で違いがあるかといえば、やはり安定して、餌や、水分が存在するからです。

飼育下で気をつけることといえば、ストレスを与えないことです。

ストレスにより寿命が変動する可能性がありますので、可能な限り、ストレスなくのびのび暮らせるように環境を整えてあげましょう!

ストレスから病気を迎えてしまうこともありますしね!

次項より、ストレスがかかってしまう状況を紹介します。

老化について

リチャードソンジリスも、人間と同じく、徐々に老化していく動物です!

3・4年いきていると老化が始まり、食べるスピードが遅くなったり、食べる量や、運動量が減る状況などを迎えます。

元気な時と、老体の時とでは、飼育場h教が異なりますので、それに見合った飼育をしてあげて、ストレスのj内容に計らってあげましょう!

ストレスがかかる状況と予防する意識!

  • ケージ
  • 運動
  • 騒音
  • 怪我
  • 病気

上記が関連して、ストレスになることが多いです!

具体的な状況を口述していきます。

餌の問題

  • 餌の不足
  • 餌がまずい
  • 好きなおやつを与えない
  • 焦らしすぎる

上記のような項目に気をつけてください!

ペレッなどのフードが足りていない状況は、避けるようにしてください!人間でもご飯がなくてはストレスがかかりますよね!

それに同じくして、好きなお菓子が食べれないのもストレスです、肥満を気にすることはいいことですが、上げなさすぎも問題ありですので、与える目安を商品ごとに把握し、食べさせるようにしましょう!

また、おやつで芸をさせようとして、なかなか与えないのも問題です。

何かできたら、できるだけ使用量内でおやつを与えるようにしましょう!

ケージが狭い

小動物は、野生下において、餌を求めたり、隠れたりするために、とてつもない運動を行なっています。

それを少しでも緩和するのが、回し車でありますが、それも気休め程度でしす。

少しでもゲージは広いものを。そして中のものは最低限充実させることを念頭においてください!

運動

運動不足はリチャードソンジリスにとっては、ありがちなストレスです。

上記ケージの項目でも述べたように、運動できるスペース、そして部屋んぽをしっかりして、走り回らせてあげましょう!

騒音

テレビのでかい音や、人間の「はっ!」とお驚くような突然の声は、小動物にとっては、危険を感じる騒音です。

つまり、大きな動物に襲われると勘違いし、心拍数が上がるので、その分寿命が短くなります。

さらにその環境では、何か突然襲いかかってくるかもしれないというストレスも覚えてしまうので、極力大きな物音は立てないように努めましょう!

怪我

ケージの高いところや、部屋んぽ中に怪我をしてしまうことがあります。

それにより、なくなってしまう場合や、寿命が知事無用な怪我をしてしまう場合があるので、細心の注意を払って、ケージ作り、部屋んぽを行なってあげましょう!

足に怪我をしてしまうと歩けなくなったり思いっきり走れなくなり、かなりのストレスにつながることがあります。

病気

多いのが、餌の食べ過ぎによる肥満です。使用量をしっかりと守って、適切な量を与えましょう!

そのほかにも病気はございますが、それも、ご飯を思い切って食べれなくなったり、走ることができなくなったりするものなので、大きなストレスを与えることになります。

関連記事

リチャードソンジリスの関連記事

オススメの記事

まとめ:リチャードソンジリス の寿命

リチャードソンジリスにストレスをかけず、少しでも長い間一緒過ごせるようにしましょう!

これからもリチャードソンジリスに関する、記事を作成していきますので、ぜひご覧ください!

全ての記事はこちらに内部リンクとして、紹介させてもらっておりますので、サイトマップとしてお使いください!

本日も最後まで、ご覧いただきありがとうございました!

次回もぜひみに来てくださいね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

小動物の良さを広げたい!
小動物×ITで自由な働き方を手に入れるために努力中。
SNS等で気軽に接してくださいね♪

詳しいプロフィールはこちら

目次
閉じる